強制力のお話

「成功する人としない人の違い」

こんな話をよく目にします。

成功する人はこうだ、とか、
成功しない人はこうだ、とか、

発信する人によって細かい内容は違えど
大筋は同じだなと思いながら見ています。

ネットビジネスにおける成功とは

始めた時の目標を成し遂げ
お金に困らない自由な生活を手に入れたとか
そんな感じですよね。

逆は何でしょうか?

成功の逆ではあるけれども
「失敗」とはまた違う気がしています。

僕のイメージだと
「怠惰」に近いです。

成功する人は怠惰じゃなくて
成功しない人は怠惰。

やっている内容とか
やり込める時間とか、
人それぞれではありますので
その辺は重々理解しております。

それでも尚、そう思うのです。

「やるか、やらないか」
こうおっしゃる方はこれを
柔らかく言っているだけだと
思っています。

でも、確かに、
やるか、やらないかは
ものすごく大事だと思います。

「やれば必ず稼げる」
と誰もが口を揃えて言っています。
正確には「やり続ければ」です。

強制力の必要性

成功するまでやり続ければ必ず成功する!

と言われても、
「ん~…」って感じになりますか。

確かに理屈ではですね、
成功するまでやり続ければ
成功するんです。

でもそんな当たり前の事が
そう簡単に当たり前には
出来ないのですよね。

なので「強制力」が必要なんです。

会社の仕事とか
嫌でも、眠くてきつくても
二日酔いで死にそうでも
気だるい体叩き起こして行きます。

行かないと人様に迷惑がかかるし、
給料もらえなくなって
食べていけないとか。

家族も養えないです。

世間体とか、
仕事しないと「悪」のイメージがあるとか、
人の目を気にするところもあるでしょう。

だから、嫌でもやり続けられます。
これが「強制力」の力です。

ネットビジネスにはこれがないので
「怠惰」になってしまい易いです。

仕事出来なくても最初から
ある程度一律のお金がもらえる
会社のお仕事とは違って、

仕事出来ないうちは全く
お金がもらえないので

「無駄な事をやっている感」

が、
怠惰を助長させるのもありますよね。

強制力があれば継続出来る

会社のお仕事が年々上手くなるのは
強制力による「継続」の力です。

最初は仕事出来なくても
一律の給料を払うので
会社は損をするだけですが、

そのうちお給料に見合った仕事が
出来るようになり、
ついには給料以上の仕事が
出来るようになる人が殆どです。

一部はそうならなかったとしても
最終的には得をするのは会社です。

この得を自分のものにしたければ
ネットビジネスとかで
自分でお金を稼げるように
ならなければならないのですが、

頭で理屈は分かっていても
出来ない方が殆どです。
世知辛いですよね。

明確な目標だけでは人は頑張れない

ネットビジネスを始めた理由は
それぞれあると思うのですが、

始めた理由を「やる気」に変えることは
出来ないんじゃないかと
最近思い始めたんです。

「お金を稼いで自由になりたい」
「借金を返して不安を解消したい」
「いついつまでにいくら稼ぎたい」

明確な目標を持つ事は
すごく大事な事だとは思うのですが、
それだけでは無理なんじゃないかと思うのです。

何かしらの理由で
「強制力」を持たないと
成功するまでやり続けるなんて
相当難しいのではないかと考えます。

持っていらっしゃいますか?
ネットビジネスをやる強制力を。

お金を稼ぎたいだけで持てるものなら
誰でも稼げます。

そういう個人的な願望では
成功するまで継続する
パワーが湧かないんです。

2週間前に知人からいただいた腹筋ローラー。

「今度こそ絶対に痩せてやる!」

毎日やると心に決め始めましたが
もうすでに部屋の片隅へ。。。
こんなもんです。

「絶対に稼ぎます!」
「これが最後だと思っています!」

そう言っていたのに
気が付いたらいなくなっている人が
一体どれくらいいるのか。

これが怠惰ではなくて
一体何なのでしょうか。

仕事が忙しくて。。。
子育てが大変で。。。
資金繰りが。。。
売れなかったら怖い。。。
結局自分なんて。。。

やらなくてもいい理由を
挙げだしたらキリが無いですが、
こういう事は際限なく思いつくのが
コンフォートゾーンを動かせない時の
人間の脳みその力なのです。

今までの現状ではどう考えても無理だった
自由に暮らせるだけのお金を手にするという夢。

現状のままでは叶えられないから
それが当たり前だと思っているからこそ
現状を変えないとうまく行くはずがありません。

僕も一応強制力は持っています。

僕の場合は、以前お話しさせていただいた
「承認欲求」の強さからくる強制力です。

先生に認められ、褒められる事に
喜びや幸せを感じられます。
だから頑張れると言い切れます。

これは、大なり小なり
誰にでもあるものではないかと思います。

例えば、
とある案件を書面でまとめるように
要求があったとします。

要求先が同僚である場合と、
要求先が部長である場合と、

出来上がる資料の内容、
作成開始から提出までのスピード感
どちらも全く同じではないですよね。

これも承認欲求です。

部長から頼まれると
良いものを作ろう!とか
早く提出しよう!とか
思う人の方が多いと思うんです。

まとめ

僕みたいにめちゃくちゃ普通の人には
これが精一杯ですが、

この業界には
ドラクエするくらいならネットビジネスしたい
と、言うくらいネットビジネスが好きな方も
多くいらっしゃいます。

この才能は僕にはありません。
普通にドラクエの方がしたいです。

ネットビジネスだけは誰にも負けたくない!
と言う、まるで甲子園を目指す高校球児の様な
熱く強い魂を持っている人もいます。

この様な方々はかなり特殊です。

多くの方は僕と同じく「強制力」がないと
成功するには程遠いです。

では、その強制力とやら、
どうやって身に付ければ良いものか
僕の体験談を踏まえながら
お伝えしていこうかと思いますが、

長くなりそうですので
また次回お話しさせていただきますね。

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP