需要は増えるがライバルは増えない

日本では、
ありとあらゆる物を海外の商品、
つまり輸入品に依存していますよね。

食料品なんて代表的ですが、
日本の食料自給率は
40%を切っているそうです。

今や身の回りで輸入品でない物を
探す方が難しくなっています。

これからも日本に輸入量は
年々増え続けて行く事は間違いないでしょう。

しかし、
需要が増え続けているのにも関わらず
輸入ビジネスを始めようという人は
殆どいないのが現状です。

輸入ビジネスは難しい?

決してそんな事はないのですが、
多くの人がそう思い込んでいるのが現状です。

輸入ビジネスの需要は間違いなく高まっているのに
一向に供給は増えないのです。

実際にはありもしない参入障壁が邪魔して
他の国内や輸出ビジネスに流れていって
しまっているのでしょう。

どうして輸入は難しいと思われているのか。

僕に言わせたら輸出の方が難しい要素が多いです。

輸出ビジネスに関しては多くの方が
「簡単だ」と発信し続けているのに対して、

輸入ビジネスは簡単だと発信する方が
少ないのも起因しているのかなと思います。

そもそも多くの人が考える
参入障壁とは何なのか。

僕は以下の3点に原因があるのではないかと
考えています。

1.英語・外国語のスキルが必要。
2.資金を相当持っていないと始められない。
3.難しい手続きや書類の処理が必要。

この3つの障壁は
考えられているほど高いものでは
決してありません。

 

輸入ビジネスに英語力は不要

結論から言いますと、輸入ビジネスに
英語力はあまり必要ではありません。

なぜかと言いますと、それは
あなたが物を買うお客様だからです。

もしあなたが全く英語が出来なくても
先方は商品を買ってもらおうとして
必死に理解してくれようとします。

輸出の場合はこれが逆なので
英語力がある程度必要になります。

さらに、
インターネットを使った仕入れならば
翻訳機能を使うことも出来るので
これだけでもほぼ障壁は無くなります。

実際に僕も英語は全く出来ません。

しかし、輸入ビジネスに関しては
今では月に200万円を超える利益を
継続的にかつ安定して得続ける事が出来ています。

 

資金はなくても始められる

これは輸入ビジネスに限った話ではありませんが、
転売ビジネスを始めるのに大金を用意する必要は
ありません。

転売ビジネスにおいて、必ずしも先に商品を
仕入れなければならないわけではありません。

インターネットを使ったお買い物であれば
お客様は商品の写真だったり、情報を頼りに
購入の判断をしますよね。

よって、
必ずしも商品を手元に用意する必要はなく、
画像、情報さえあれば販売する事が可能なのです。

これを「無在庫転売」と呼ぶのですが、
無在庫転売については

「無在庫転売とは」(編集中)

の記事を参考にして下さい。

輸入ビジネスは仕入れに時間がかかるから
無在庫転売は出来ないと思われがちですが
そんな事はありません。

確かに納品までの時間については
短ければ短い方が良いのですが、

手に入るまでの期間よりも「欲しさ」を
優先されるお客様は多くいらっしゃいます。

例えば新車を買うと納車までに
数ヶ月かかる事の方が多いですが、
それでも購入するのはその車が
「欲しいから」に他なりません。

この様に考えれば輸入ビジネスでも
無在庫転売は可能だという事が
お分りいただけるかと思います。

 

輸入ビジネスで難しい手続きは不要

輸入ビジネスにおいて最大の難関といえば
転送と通関がこれに該当するかと思いますが
これについては自分でやる必要がありません。

その理由については

「輸入ビジネスにおける通関と税金について」

の記事で詳しく説明していますので
参考にして見て下さい。

 

まとめ

難しい事と難しそうな事は全く別で、
本当は難しくない事も根拠のないイメージで
最初から嫌煙してしまうのは良くありません。

今回の記事で輸入ビジネスが根拠のない
参入障壁によって諦める必要がない事が
少しでもお分りいただけたのであれば幸いです^^

輸入ビジネスは簡単で稼ぎやすい手法ですので
是非障壁に囚われず、これからも伸びていく市場に
少しづつでも良いので参入していきましょう。

 

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP