どうして何をやっても上手くいかないのか

こんにちは!西原です。

どうして人はやると決めた事を続けられないのか。
どうして何をやっても上手くいかないのか。

一言でいうと「潜在意識にそれが無いから」です。

 

顕在意識と潜在意識

「意識」は大きく以下二つに分けられます。

顕在意識=表面上の意識。
潜在意識=表面上に現れない意識。無意識ともいう。

人間の意識は、実は殆どが潜在意識で占められていて
顕在意識=5%に対し潜在意識=95%

「やってやるぞ!」と思うのは顕在意識ですが、
潜在意識では思っていない。

無意識で「思う」という事自体が
出来る事ではありませんが。

潜在意識に「やってやるぞ!」が無いと
どうなるのか。

時間の経過と共に潜在意識に隠されていた

「本当はやりたく無いなあ」
「めんどくさいなあ」が表面化してきます。

頭では分かっているけど出来ない事があるのは
100%間違いなくこれが原因です。

さらに言うと、

「本当に稼げるのかな?」
という「疑念」まで芽生え始めます。

こうなると手がつけられなくて、
益々何をやってもうまく行かなくなります。

疑うと躊躇するし、なんか怖いし、
面倒臭いから後回しにするし。

だから今までの人生で培ってきた潜在意識に則って
活動する方向に流されてしまって当然なんですね。

 

潜在意識を変えるためにやるべきこと

ビジネスでどかーんと成功するためには
これまでの潜在意識をどかーんとぶち壊さないといけない。

いきなりどかーんとは行かないので少しづつ
潜在意識をビジネスで支配して行く感じですかね。

だから、
強制力でとにかくやり続けましょう、
やり続ければ必ず成功しますとか、
メルマガなどで何度も何度も言っているんですね。

毎日何をしたのか、
日記を書いたりするのも
潜在意識を変えるためには効果的です。

「続けるだけで本当に稼げるようになるの?」
「日記って、そんな事して本当に意味があるの?」

はい、あります。

その「どうして?」を払拭するために
その理由を今日は書き綴っております。

ゲームに夢中になっている時、
スポーツで夢中になっている時、
勉強で夢中になっている時、
仕事に夢中になっている時、

「他の考え事」をしていない状態が
夢中になっている時だと言えます。

潜在意識も表面上でやっている事に
支配されているからですね。

潜在意識でも支配されると
「あー早く帰ってゲームしたいなー」
とか思うわけです。

ビジネスとゲームでは潜在意識の変え方が
かなり違います。

ゲームは最初から「面白い」から
そもそも変える必要が無いんです。

ゲームクリアというゴールに向かって
全力で取り組みます。

しかし、ビジネスは最初からは面白くありません。

それはやっている理由が「お金を稼ぐ」だからです。

「楽しい」からやるのと、
「お金が欲しい」からやるのとの違い。
ざっくり言うとこういう事です。

やり続ければ成功すると言うよりは、
やり続ければ潜在意識がビジネスで占められて

すごく密度の高い思考ができるようになるから
それが成果につながるのだと思います。

 

行動は無意識でするから上手にできる

潜在意識を使うと、
どうして密度の高い思考ができるのか。

それは、人間の脳みそは
無意識でやっていることの方が
上手に出来るからです。

全体の95%を使うか、
全体の5%しか使わないか、
差は歴然ですよね。

例えば、今から歩くとします。

「はい、右足を上げて!」
「はい、かかとをつけて!」
「はい、つま先を下ろして!」

この様に意識して歩くと
すごく歩きにくくなると思います。

でも、普段は「歩く」と言う行為は
無意識、つまり潜在意識で行いますよね?

だから上手く歩けるんです。
脳みその使い方の違いです。

上手く歩けるのは潜在意識で歩けるからですが、
誰しも初めは健在意識で歩いていたのです。

だから上手に歩けなかった筈なんです。

どうして潜在意識で歩ける様になったかと言うと、
毎日続けていたからです。

これは何にしてもそうなんです。

ピアノも、サッカーも、食事も。
毎日やれば上手くなるのは
潜在意識がそれで支配されるからでもあるのです。

 

もう一度言いますが、
だから強制力でとにかくやり続けましょう、
やり続ければ必ず成功しますとか、
何度も何度も言っているんですね。

 

まとめ

優先順位を強引にでも変えていって行動すれば
そのうち潜在意識で上手くやる様になります。

この様に、
潜在意識を変えて行くことが出来れば
やり続けることができる。

すなわち「必ず成功する」のです。

 

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP