会社を辞めたい理由と辞めても困らない為に出来る事とは

こんにちは!西原です。

 

ストレス社会と呼ばれている今のご時世、

「会社を辞めたい」

こう言う声が後をたちません。

 

僕も会社勤めの現役サラリーマンですから
その気持ちはものすごく分かります。

どこまで本気かは分かりませんが
僕の周りの同僚や先輩からも
そういった声は毎日の様に聴きます。

しまいには上司までも「早く定年したい」なんて呟く始末です。

 

でも、会社に行かないと給料がもらえませんから
嫌でも毎日我慢して出勤しないといけませんよね。

 

  • お金がないとご飯も食べられないし
  • 家族を遊びに連れて行けないし
  • 恋人にプレゼントを買うこともできないし
  • 趣味や遊びをする事もできないし


人それぞれ働く理由はあると思いますが

その為に我慢してストレスを溜め込んで。。。

週末が来るのをずっと待ち構えています。


そんな中たまの休みにまで仕事を頼まれて

断れずにまた我慢して・・・。

断ったとしてもその後ろめたさから
気持ちよく休日を過ごせなくなってしまい
イライラが募ります。

みなさんストレスでどうにかなってしまいそうです。。。

 

今回は、

”会社辞めたいけど辞められなくて辛い”
その辛さを消す為にはどうすれば良いのか?

をテーマにしてお話していきたいと思います。

 

 

それでは、どうぞ!

 

会社を辞めたい理由ランキング

会社を辞められない理由もそうですが、
辞めたい理由も人それぞれあるかと思います。

なぜ、会社を辞めたいのか。

ストレスから解放される為には
その理由を明確にする事も必要です。

自分の中で何が嫌だと感じるのか
他人の理由を見ながらでも良いので
その理由を明確にしていって下さい。

 

第3位【給料が安いから】

自分で決めて就職した方は最初はそんな事思っていなかった筈なんですが、

給料の安さに不満を持つ方はすごく多いです。

恐らくですがその理由は、

  • 友達の方が給料が良かった。
  • 誰より働いても殆ど同じ給料に不満。
  • どれだけ貢献しても大して昇給しない。
  • 思っていたより生活費がかかる。

こんなところではないでしょうか?


僕自身も給料の安さには不満があって、

きっと職場の誰よりも仕事をしているし
誰よりも貢献しているにも関わらず
3つ下の後輩と殆ど給料が変わりません!

人が嫌がる仕事も率先してやっているのに
サボりぐせが目立つ同僚とも基本給は全く同じ。

華々しい仕事をいくらやっても
会社を一歩出れば私生活レベルは一緒。

何の為に一生懸命人より頑張るのか
その意味が見出せないならやる気なんて出るはずもありませんよね。


あとは生活費ですね。

僕は27の時にマイホームを購入したのですが、
残業なしでは住宅ローンをとても払っていけませんでした。。。

買うときは「残業すればなんとかなる!」
なんて意気込んでいましたが、

残業を強制されるストレスはやはりでかいですし
そうしないと生活出来ない不安定さには恐怖すら感じます。

 

第2位【拘束時間が長い】

8時間労働が基本的だと思いますが、毎日きっちり定時に帰れる方が少ないですよね。

 

 

 

 

  • 遊びに行きたいのに残業断れない。
  • 残業して当たり前という空気が辛い。
  • 家に仕事を持ち帰る時もある。
  • 朝起きるのが辛い。
  • 嫌な飲み会に誘われる。

せっかく家族と遊びに行こうと思ったのに
休みの日にまで仕事させられたり

仕事が終わって帰ろうとすると
「え、帰るの?」
みたいな目で見られると辛いですよね。

それが嫌で帰るそぶりすら見せるのを拒み始めて。。

気付けば
残業するのが当たり前の空気に飲み込まれて

当たり前のように残業をする人の仲間入りに。


僕の場合は残業しないと生活が苦しいというのもあってダブルパンチでした。

本当は早く帰って家族と食事に行きたいし、
友達に誘われても断るばかりで辛かったです。

無駄な飲み会に痛い出費を重ねる日々にも
本当うんざりしていましたが、
媚びへつらっておかないと残業をさせてもらえなくなると思い我慢していました。

 気付けば無趣味すぎる自分になっていて、
友達も周りからいなくなっていました。

「趣味は?」と聞かれると返答に困り

「会社で働く事だね」

という一番言ってはいけない回答をして
その場の空気を凍らせた経験もあります。。。

 

第1位【人間関係が嫌すぎる】

会社をやめたいランキング
ダントツの一位です。

上司、同僚、先輩、、、etc

 

 

 

ストレスフルな社会において
人間関係が一番の原因だと言うのは
なんとも言えないですね。

すぐに嫌味をいう人がいたり、
すぐに人のせいにする人がいたり。

元々はそんな事ないのでしょうが、
他の事が原因でみんなストレスフルになって嫌な感じになって行くのかなと思います。

 

僕自身もやはり上司への不満とかめちゃくちゃ多いです。

一生懸命頑張って作った企画書も
「後で見ておく」とだけ言われて、
そのままお蔵入りになった案件が一体どれくらい溜まっているのか。。。

上司の体裁を気にして
どうでも良い中身の無いキャンペーンの実施を強要する上司。

「そんなんだからやる気も出ないんですけどね」
なんて言うと理不尽に逆ギレされる始末。。

そりゃあ上司も立場がある事ぐらい分かってるんですけどね。

僕より更に理不尽な怒りをぶつけられている同僚を見ると大体大人しそうで逆らわない人ばかりです。

何だか上から目線で申し訳無いのですが、
怒ってる上司も怒られてる同僚も
見ててどっちもかわいそうだなと思ったりします。

でも、
その理不尽なストレス発散も行きすぎると
怒られる側に精神疾患を煩わせる程の凶器になってしまいます。

実際にそれが原因で会社に来られなくなった同僚を
これまで嫌という程見てきましたから。

上司も中間管理職で強いストレスを感じているのでしょうが、
だからこそ部下を同じ目に合わせてはいけませんよね。

そういう人間的な部分が崩れてしまうほどのストレスってヤバイですよね。。。

良くある上司と部下のイザコザもそうですが
先輩後輩でのイザコザで後輩が会社を辞めるなんて事も少なくはありません。

お互い仕事が出来るとか出来ないとか
あいつは考えが甘いだのいつもサボってるだのと陰口を言い合ってはの繰り返し。

それが露呈したときには取っ組み合いのケンカになったりもします。

見るに堪えません。

以上が会社をやめたい理由ランキング上位3つでした!

さて、
あなたにも当てはまる項目はいくつありましたか?

 

いつでも会社を辞められる状況に身を置くことが大事

そんな事言われたって、
そう簡単に出来る事ではありませんよね。
結局はお金が無いと無理な話です。

そう言った状況に身を置く為には一体どうすれば良いのか。

それは”お金を稼ぐ手段を変える”です。

そして、
そうなる為に「行動」する事です。
そうなる為に今からでも行動してください。

 

僕自身の話をすると、
実は会社を辞めたい欲求は薄かったです。
朝もうちょっと遅く起きたいなー程度でした。

しかし、とにかくお金には困っていたので
時間外労働無しでの生活を目指して
その為に行動を起こしました。

その結果、今では会社の給料が無くても
何不自由なく生活する事が出来ています。

恐らく明日会社を辞めても
金銭的な心配は一生しないでしょう。

 

今こそ決断して行動を起こせば
会社を辞める辞めない抜きにして

いつでも会社を辞められる状況に身を置く事で
ストレスフルな生活からは確実に解放されます。

 

お金を稼ぐ手段を変える方法

ちなみに、、、

ここでは転職はおすすめしておりません。

どこに行っても何かしらの不満が出てきて
結局元の鞘におさまってしまう可能性大だからです。

あくまで自分自身でお金を稼ぐ力を
身につける事をおすすめしております。

 

自分で結果を出したことのない事を
おすすめする事はできませんので

僕自身が結果を出せた方法についてのみ
ご紹介していきたいと思います。

内容は主にインターネットを使った
いわゆる”ネットビジネス”になりますので
パソコンとインターネット環境をまずは整えてください。

面倒がらずに、行動を。

 

自己アフィリエイト

先ずはここから始めて見ましょう。

誰でも簡単に稼げる手法ですが
稼ぎ続ける事が出来ないというデメリットもあります。

とにかくインターネットを使って
お金を稼ぐという経験を積んでいただければと思います。

 

自己アフィリエイトで稼いでみる

 

不用品販売

インターネットビジネスにおいて
自己アフィリエイトに次いで簡単に稼げるのが
この「不用品販売」になるかと思います。

こちらは”家の中にある要らない物を売る”
という手法がメインになるので
そのうちネタが尽きて稼ぐ事が出来なくなると思われがちですが、

例えば知人から不用品を譲り受けたり
赤の他人から不用品を仕入れるサイトなどを活用すれば
長く稼ぎ続けることも可能です。

 

不用品販売で稼いでみる

※こちらは記事が分かれてますので全て読みながら進めていって下さい。

 

その他のビジネス

インターネットビジネスといっても
その稼ぎ方は様々です。

稼げる金額の大小と難易度のバランス的に
初心者に最適なのは「転売ビジネス」でしょう。

僕自身もこの転売ビジネスで
毎月200万円以上の副収入を得ています。

自己アフィリエイト→不用品販売→転売ビジネス

この流れがもっとも確実に、
そして早く稼げる流れかと思います。

上記二つのビジネスだけではなく
是非転売ビジネスにもチャレンジしてみましょう。

 

転売ビジネスにチャレンジしてみる

 

まとめ

如何でしたか?

思い切って会社をやめてしまおう!
なんて声もあるのですが、

どう考えたってやめたらお金に困ります。

辞めるにしてもただ辞めるのではなくて、
そのあとどうやってお金を稼いでいけば良いのかも
考えてから辞めるべきです。

出来れば副業で安定的に
会社の給料以上に稼げるようになって

会社をやめても明らかに困らないレベルに達してから辞めるのが理想的です。

いずれにせよ、先ずは行動です。

明日から、後からではなくて
今すぐ行動するタイプの人でありましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP