輸入ビジネスに欠かせない!今後の為替はどう動く?~プロトレーダーが為替を徹底分析

輸入ビジネスと為替動向は切っても切れない関係にあります。

上手に輸入ビジネスで稼ごうとする場合、
うまく為替を利用することで儲けに大きな差がうまれるからです。

今回は
今後の為替動向を読み解いていきたいと思います。

 

なぜ輸入ビジネスに為替が関係あるの?

 

最初はなぜ輸入ビジネスと為替は密接な関係があるのか?

それを具体的な例を通して説明していきたいと思います。

 

(例)  10ドルの商品を購入する場合

 

ⅰ 1ドル100円の場合

10ドル×100円×=1,000円

 

ⅱ 1ドル110円の場合

10ドル×110円=1,100円

 

このように同じ商品を買ったとしても
為替次第で10%も商品の価格が変動することになります。

ですから、輸入ビジネスにとって追い風なのは
「円高(円の価値が高い=円高)」です。

逆に輸出産業はこの反対になるため、
円安が好まれているわけです。

このように輸入ビジネスで上手に稼ぐためには、
為替の動向を知ることも大事になってきます。

 

今後の為替動向~ドル円

ⅰ ドル円の今後の状況

世界で最も使われている通貨がドルです。

それはアメリカの一人勝ちといった世界状況からも
容易にわかるのではないでしょうか?

最強通貨ドル円についての
今後の動きを考察していきたいと思います。

 

テクニカル的には上記の図を見るとわかりやすいのですが、
赤い線が引いてあるところが直近底値になっています(2017.11月現在)

108.110・108.81・107.310の3点です。

そこからグラフが上昇していることがわかります。

また、水色の線が引いてあるところが
直近高値になっていることがわかります。

114.360・114.490・114.72最後の数値が高いので
「上値ブレイク」したことがお分かりいただけると思います。

このことから、目先ドル円は「底打ち(トリプル底)」であり、
今後中期的には円高傾向に為替が推移する可能性が高いことがわかります。

 

ⅱ 実際の為替売買はどうすればいいのか?

ドル円は大まかに見て
「円高傾向」になっていくということはわかりました。

しかしこれだけでは
実際の輸入ビジネスで活用していくことはできません。

ここでは、実際にドル円を
どのように売買していくべきかをご提案していきたいと思います。


・直近の対応

大雑把に113.2-114.5のレンジです。

ですから、113.2以下を買うようにして
輸入ビジネスで活用していくと良いと思います。

 

・週足のレンジで大きく為替が崩れた場合

おそらく為替が大きく崩れるといった状況は
あまり考えられない感じです。

しかし「まさか」があるのがFXです。

次の押しはおそらく最後になりますので、
押すことがあれば積極的に買いに入ることをお勧めします。

具体的には、「110円・108円」です。
安くドルをストックして、他社と差をつけたいものですね。

 

ⅲ 輸入ビジネスにおける為替との付き合い方

それでは、今後ドル円が円高傾向に推移していく中で、
輸入ビジネスをしていくうえで
どのようにしたらうまく為替相場と付きあっていけるのでしょうか?

具体的な方策を考えていきたいと思います。

 

≪為替を円安の時にストックする≫

上記の図表を見てもわかるように
為替は常に変動するものです。

ですから、
円安になったときにドルをストックしておき、
支払いに充てることで多く利益をとることができます。

これは大手企業ではどこでもやっていることで、
「為替予約」という方法です。

(例) 10ドル商品を購入する場合

ⅰ 1ドル108円の場合

10ドル×108円×=1,080円

 

ⅱ 1ドル114円の場合

10ドル×114円=1,140円

 

1,140÷1,080=1.0555555‥…

 

現在の為替レンジは大雑把に108円-114円です。

1ドル108円の場合と114円の場合では、
同じ商品を購入してもおよそ5.5%も利益率に差が出てきます。

他社が為替を商品上乗せで販売してきたとします。

為替を安く仕入れておけば、
他社より5.5%安く販売することができるわけです。

当然輸入ビジネスに関しても
他社より有利に販売価格を設定することができるのです。

このように上手く為替を使うことにより輸入ビジネスで
他社より一歩リードして売買に取り組むことが可能です。

しかし為替と言えば
FXのイメージが多くの方にはあると思います。

大幅な為替の変動がある場合、
FXの相場から退場する方も多くみられます。

「リスクが高すぎて、為替なんて買えない」
と思う方もいらっしゃっても当然です。

しかし、
実際それは間違いであると断言することができます。

FXで退場する方の多くは
「レバレッジ」をMAXでかけているから、
退場ということが起こりえるのです。

レバレッジを1に設定してしまえば、
まったく為替をストックしておいても問題が起きることはないのです。

 

為替を上手く活用して輸入ビジネスの勝者になろう!

見てきたようにうまく為替変動を利用することで、
ライバルよりも有利な立場で輸入ビジネスに取り組むことができます。

輸入ビジネスで勝者になれるようにうまくドル円に関する相場状況をお役立てください。

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP