副業で注目される無在庫転売って犯罪なの?無在庫の疑問を徹底解説!

近年のインターネットでの副業ブームで
「副業を始めたい!」という方も増えています。

ネットを使った副業にはアフィリエイト、
FXなどさまざまなものがありますが、無在庫転売もその一つです。

しかし、無在庫転売の情報を見ていると
「無在庫は犯罪だよ」「違法だよ」という声も挙がっています。

 

この無在庫転売ですが本当に犯罪になるのでしょうか?

今回はこの無在庫転売が犯罪、違法になるの?、
という疑問を解決しながら、

無在庫転売に関するお役立ち情報を解説したいと思います。

副業で無在庫転売を検討している方は必見です。

 

そもそも無在庫転売の仕組みとは?

無在庫転売の犯罪、違法性を問う前に
一度無在庫転売の仕組みなどを把握しておきましょう。

この仕組みを理解しておかないと違法、正当の判断が難しくなるためです。

まず無在庫転売とは文字通り
「在庫が手元にない状態で販売する」ことを指しています。

 

この説明だけでは頭の中が「?」
という方もいると思うので、もう少し細かく説明します。

一般的に通常のお店やネットショップは
商品を仕入れてから販売を行っています。

つまり
【商品仕入れ→販売→お客様による購入→発送(ネットショップの場合)】という順序で成り立っています。

 

ところが無在庫転売のケースではこの順番が
【販売→お客様による注文→商品仕入れ→発送(ネットショップの場合)】に変わります。

つまり
「商品は手元にないけど先に画像などを使ってお客さんに商品紹介をし、注文が入ったら仕入れを行うね」

というスタイルが無在庫転売となります。

 

この無在庫転売の最大のメリットは
注文が入ってから仕入れを行うため、赤字になるリスクが非常に低いことです。

在庫を持ちながらの転売では
どうしても売れ残りのリスクが高まり、
実際に売れ残ってしまった場合には仕入れで使った費用分だけ赤字になります。

 

これでは資金力に乏しい方は
最悪の場合は転売を開始してすぐに破綻する可能性もあります。

しかし、無在庫転売ではこのような売れ残り、
赤字のリスクを心配する必要はないため、
これから副業で転売を行う方には非常に最適な方法となります。

 

在庫が無い=犯罪になるのか?

無在庫転売の仕組みやメリットを把握できたところで
「無在庫転売は犯罪になるのか?」という疑問を解決していきましょう。

これから副業を行う方にとっては最も気になる点ですが、
結論からいうと「無在庫転売は犯罪にはならない」ということです。

無在庫転売は日本の法律を犯しているわけでもないため、正々堂々と行うことが可能です。

 

そのため、
資金力に乏しいけどこれから副業を始めたいという方は
後ろめたさを感じることなく無在庫転売を行うことができます。

しかし、詳細は後述しますが
無在庫転売を行う上で注意しておきたいポイントもあるということは理解しておきましょう。

 

無在庫転売は犯罪にはならないが、規約違反になる恐れあり

無在庫転売はよほど変な物を販売しなければ
犯罪になることはまずありません。

しかし、犯罪にはならなくても
販売するプラットフォーム(転売を行うサイト)によっては規約違反に抵触する可能性があります。

 

2017年現在、無在庫転売を行う上で
副業初心者の方が検討するのが「メルカリ」「ヤフオク」などです。

メルカリは2017年3月時点で4000万ダウンロードを突破している国内№1のフリマアプリです。

 

またヤフオクはYahoo!JAPANが提供する
インターネットオークションサイトであり、
常時5000万点以上の商品が出品されている巨大プラットフォームとなります。

この2つのサイトは利用者数がずば抜けて多いため、
売りたい商品を出品することですぐに注文が入る可能性が高いのが特徴です。

 

もちろんその分ライバル(他の転売業者など)も多いため、
同じ商品を出品した場合は価格競争に巻き込まれることも考えられますが、

「商品が売れる」という体験をしたい方にとっては非常におすすめです。

しかし、
この国内№1を誇るメルカリ、ヤフオクでは無在庫転売を行うことを禁止しています。

 

まずメルカリですが禁止行為として以下のような記載がなされています。

  • 出品時に手元にない商品の販売
  • 代行買付けを行い販売する
  • 発売日前の予約受付

メルカリガイドー禁止されている行為

 

続いてヤフオクの規約、ガイドラインには以下のような記載がなされています。

  • 予約商品以外を、在庫が手元にない状態で出品すること
  • 落札者の入金を商品調達に充当することを前提に出品すること

ヤフオク!ガイドライン細則

 

以上がメルカリ、ヤフオクの無在庫転売に関するルールです。

どちらも手元にない商品を販売することを禁止しています。

つまり無在庫転売最大のメリットである
「注文後の商品仕入れ」ができないということです。

特にメルカリでは
発売日前の予約商品に関しても禁止しており、
無在庫販売に関しては非常に厳しいルールを設けているのが現状です。

 

無在庫転売でアカウント停止や強制退会に追い込まれる人も多い

「無在庫転売禁止だけどバレなければ問題ないでしょ」という方もいます。

しかし、2017年11月現在でメルカリ、ヤフオクで
無在庫転売を行うのはリスクが高い方法といえます。

と、いうのもメルカリやヤフオクでは
2017年に入ってから無在庫転売を行う出品者に対して
アカウント停止や強制退会といったペナルティを強化したためです。

 

もともとメルカリ、ヤフオクでは
無在庫転売を行っている出品者に対してペナルティを課していますが、

特に2017年は「アカウントが停止された」という声が増加しています。

もちろんアカウント停止や強制退会に
追い込まれた人全てが無在庫転売を行っていたという理由ではありません。

 

メルカリやヤフオクでは無在庫転売以外にも
守らなければいけない規約やルールがあり、
それに抵触したという理由でペナルティを課せられた人もいます。

しかし、無在庫転売を行っていたことにより、
ペナルティを課せられたという声がこの1年ほどで増えているのは事実です。

 

メルカリではアカウント停止だけならまだしも
「売上金を没収された」という声もあります。

もちろん全ての人が同じようなペナルティを与えられるわけではありません。

ただし、
規約違反と記載されているプラットフォームで
無在庫転売を行うことで、これらのペナルティを
課せられる可能性があることは理解しておく必要があります。

 

安心・安全の無在庫転売を行うならネットショップ開業がおすすめ

現状メルカリやヤフオクで無在庫転売を行うリスクは非常に高いです。

そのため、短期的に副収入がほしい
という方であれば問題はないかもしれませんが、
長期的に安定した副業を行いたい方にはあまりおすすめできる方法ではありません。

 

そこで長期で安定した副業を求めている方におすすめしたいのが

「ネットショップ開業」です。

「ネットショップ開業ってPCの知識も資金力もないのに、そんなことできるわけないじゃん」とほとんどの人が思うでしょう。

 

しかし、近年は無料もしくは低価格で
ネットショップを開業できるサービスが豊富にあります。

これらのサービスを使うことで最短5分ほどで自分のネットショップを持つことが可能です。

 

特に「無料」「低価格」「無在庫販売可能」という
副業初心者にとって夢のような条件を満たしている
ネットショップ開業サービスが「BASE」「STORES.jp」です。

この2つのネットショップ開業サービスは
今までECサイトを持ちたいけど知識や
資金がなかった人向けに提供されており、
「自宅で無在庫販売が可能」なプラットフォームでもあります。

 

登録やネットショップ開業に必要なものは
「メールアドレス」「売上金を入金する銀行口座」のみです。

BASE、STORES.jpの主な特徴や月額料金は以下のようになっています。

 

BASE STORES.jp
(フリープラン)
STORES.jp
(プレミアムプラン)
  月額費用 無料 無料 980円
  商品登録数 無制限 5個まで 無制限
 

 

  決済対応

クレジットカード

キャリア決済

銀行振込

コンビニ決済・Pay-easy

後払い

クレジットカード

翌月後払い(Paidy)

コンビニ決済

銀行振込

Paypal

キャリア決済

クレジットカード

翌月後払い(Paidy)

コンビニ決済

銀行振込

Paypal

キャリア決済

 

 

利用可能
クレジットカード

VISA

Master

American Express

JCB

VISA

Master

American Express

※JCBはPaypalで利用可能

VISA

Master

American Express

※JCBはPaypalで利用可能

 


決済手数料

3.6%+40円

※上記手数料の他にも1回の注文ごとに3%のサービス利用料が発生

 

 

   5%

 

 

5%(代引きは無料)

 

以上がBASEおよびSTORES.jpフリープラン、プレミアムプランの基本情報です。

BASEの最大のメリットは月額料金が無料で商品登録数が無制限ということ。

つまり販売したい商品が100個、200個、300個あっても無料で販売できるということです。

 

一方のSTORES.jpは無料プランでは
残念ながら5個の商品しか販売することしかできませんが、
月額980円のプレミアムプランに申込むことで商品登録数が無制限となります。

ちなみに「1ヶ月980円もかかるのか」という方は
インターネット最大級の通販サイト「楽天市場」の出店料を見てください。

 

楽天市場の出店料は最安値プランでも1ヶ月19,500円が発生します。

もちろん楽天市場は圧倒的に商品が売れやすい仕組み、
集客力があるため一概に「高すぎる!」とは言えません。

 

しかし、
これから無在庫販売を行う副業初心者の方にとっては
「売れるか、売れないかわからない副業に1ヶ月2万近く投じるのはリスクが高すぎる」という点もあります。

そのため、無在庫転売の流れを理解する、
商品が売れる体験をしたいという段階では
極力資金力を必要としないプラットフォームを選ぶのがおすすめです。

 

このような点から見てもBASEやSTORES.jpは
副業で初めて行う無在庫転売には非常に適しています。

BASE、STORES.jpの詳細をもっと知りたい人は以下の公式サイトからご覧ください。

 

【BASE公式サイト】https://thebase.in/

【STORES.jp公式サイト】https://stores.jp/

 

無在庫転売で販売する商品はどこから仕入れるの?

副業初心者の方が持つ疑問の一つに
「無在庫転売の商品はどこから仕入れるのですか?」というものがあります。

この商品の仕入れ先で初心者の方におすすめしたいのが
「無在庫販売が可能な仕入れサイト」です。

 

無在庫転売(販売)が可能な仕入れ先で代表的なのは「ネッシー(NETSEA)」です。

ネッシーは個人、法人向けに展開しており、
出店卸企業数は5,000社以上、商品数170万種類以上というモンスター仕入れサイトの一つです。

 

商品ジャンルもアパレル、雑貨、ファッション雑貨、
美容・健康、家具・インテリア、家電・AV、ビジネス・事務用品、食品と非常に豊富です。

前述のようにネッシーは法人だけではなく
個人事業主(開業準備中でもOK)でも登録が可能であり、
簡単に転売商品の仕入れができることで有名です。

 

そのため、副業初心者の方で個人事業主の開業届けを
提出していない方も積極的に登録していきましょう。

登録を済ませると卸企業との交渉ができたり、仕入れ価格の確認を行うことができます。

 

ちなみにネッシーでは
企業が提供する画像も転載可能であり、
一から商品画像を作る必要もありません(企業、商品によっては画像転載を禁止している場合もあり)。

そのため、本職を抱えており、
1日の時間があまり確保できないという方でも効率的に無在庫転売を行うことができます。

 

ちなみに無在庫転売で代表的なのは
「メルカリやヤフオクで販売して、Amazonで仕入れる」という手法です。

この方法は今でも実践している方がいますが、
デメリットとしては商品を梱包するダンボールにAmazonのロゴが入ることがある点です。

 

このAmazonのロゴ入りダンボールが顧客に送られることで
「この人、無在庫転売を行っている!」と発覚、
運営側に通報され、ペナルティを課せられるという方もいます。

しかし、ネッシーの無在庫転売であれば
商品を梱包するダンボールなどに仕入れ先のロゴは入らないため、
顧客に無在庫転売とは知られにくいというメリットがあります。

 

また中古品を取り扱って
本格的に無在庫転売を行う場合は古物許可証などの取得を必要としますが、

ネッシーで仕入れることができる商品はほぼ新品です。

そのため、無在庫転売を行う際にかかる手間を軽減できるのもネッシーの魅力となります。

 

ネッシーを運営するのは
プロ野球チームの横浜ベイスターズでおなじみの株式会社DeNAです。

また仕入れを行っている方の中には
子育てなどで忙しい主婦の方もいるため、
安心・安全・楽チンを求めるのであれば
ネッシーへの登録は欠かすことができないでしょう。

ネッシーの詳細などは以下の公式サイトから確認できます。

【ネッシー(NETSEA)公式サイト】https://www.netsea.jp/

 

メルカリやヤフオクでどうしても無在庫転売を行いたい方に

無在庫転売を行うのであれば「無在庫転売が可能なネットショップがおすすめ」です。

しかし、中にはどうしても一度
メルカリやヤフオクで無在庫転売を行いたいという方もいるでしょう。

 

そのような方はあまり推奨できませんが、
自己責任で行ってみるのもよいと思います。

と、いうのも無在庫転売が禁止されている
メルカリやヤフオクでは現在も無在庫で出品している方は一定数いるからです。

 

メルカリやヤフオクも規制を強化していますが、
現状ではその規制が追いついていないため、いたちごっこが続いている状態です。

もちろん無在庫転売が禁止されているメルカリ、ヤフオクで
将来的に安定した収入を得ようと考えるのはリスクが高すぎます。

 

しかし、メルカリやヤフオクは圧倒的な利用者数がいるため、非常に売れやすいというメリットがあります。

逆に先ほど紹介した
BASE、STORES.jpのネットショップ開業サービスは
簡単に無在庫転売を行うことができますが、初期の集客面で苦労することが多いです。

 

具体的にはネットショップをオープンしても
ブログ、Twitter、Facebook、インスタグラムなどのSNSを駆使して人を集める必要があるということですね。

そのため、最初の数ヶ月は全く売れないという経験をされる方も多いです。

 

これでは気合いを入れて無在庫転売を行っている方も

「本当に売れるのかな?」
「全く売れないから楽しくないな」

という気持ちになりやすく、副業を諦めてしまうことも考えられます。

 

しかし、
メルカリやヤフオクは既に日本全国での知名度が高く、
利用者も十分に確保されているため、ネットショップと比較すると売れやすいです。

そのため

「まずは無在庫転売の流れを知りたい」
「実際に商品が売れる体験をしたい」

という方は、メルカリやヤフオクでの無在庫転売から始めてみるのもよいと思います。

 

ただし、この記事で何度も説明しているように
メルカリやヤフオクは無在庫転売を行う出品者に対しては
厳しいペナルティを課しているため、実践する場合は必ず自己責任でお願いしますね。

 

また、
運良くペナルティなしで無在庫転売をできている方も、
無在庫転売の流れや資金の確保ができたら
別のプラットフォームに移動して安心・安全の無在庫転売を行うことを推奨します。

 

まとめ

今回は「無在庫転売は犯罪になるのか?」
というテーマを中心に無在庫転売のお役立ち情報を解説しましたがいかがでしたでしょうか?

無在庫転売で犯罪に問われることはないため、
これから副業を検討している方も自信を持って行うことができます。

 

ただし、無在庫転売を行うプラットフォーム選びだけは慎重に行うようにしましょう。

無在庫転売は犯罪ではなくとも、
プラットフォームによっては規約違反となりアカウント停止などの結末が待っています。

 

将来的に安定した副収入を得るために
自分だけのショップを持つなどの工夫を施すことを推奨します。

これから無在庫転売を始めたいという方はぜひ参考にしてください。

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP