あなたが輸入すればトランプ大統領の怒りは治まる

アメリカのトランプ大統領が、日本に対して怒っています。

 

「アメリカは日本製品をたくさん買っているじゃないか。

それで日本人は大儲けしているじゃないか。

だから日本人はもっとアメリカ製品を買うべきだろう」

 

と、大体このようなことを言っています。

 

トランプ大統領は変わり者ですので、彼がこのように怒っていても「また変人が吠えている」とやり過ごしたい気持ちになります。

しかしこの事態はそんなにユルい問題ではないのです。

 

トランプさんは、アメリカ大統領という、世界で最も強い権力を持っているのです。

しかも日本は、アメリカに守られている国なのです。

だから、トランプ大統領のお願いを聞き入れて、アメリカ製品を買いましょう。

 

しかし、いくらトランプ大統領の依頼とはいえ、不要なものまで買う義理はありません。

ところがアメリカには、私たち日本人を魅了してやまないモノがたくさんあるのです。

 

きょうは輸入ビジネスのお話です。

 

トランプ大統領が日本に怒っているわけ

 

最初に「まあ、あながちトランプ大統領が言っていることも理解できないわけではないな」ということを見ていきましょう。

日米の貿易の不均衡は、ちょっと大きすぎます。

 

アメリカは、本当によく日本のモノを買ってくれています。

日本経済は世界の人たちに日本のモノを買ってもらうことで成立しているので、日本経済の繁栄の恩恵を受けている私たちは、やはりアメリカに感謝しなければなりません。

 

一方で、日本人はアメリカ製品を買わなすぎです。

アメリカは日本との貿易で、毎年700憶ドルほどの赤字を出しています。1ドル110円で計算すると7兆7千億円にもなります。

トランプ大統領の怒りは、アメリカ人の怒りを代表しているのです。

 

日米貿易摩擦を回避せよ

日本製品を海外で売った金額を輸出額といいます。
海外製品を日本が買った金額を輸入額といいます。

輸出額から輸入額を引いた金額を貿易収支額といいます。

輸出額が大きければ貿易収支は黒字になります。輸入額が大きいと赤字になります。

 

国内のビジネスであれば、単純に「黒字は良いこと」「赤字はダメなこと」といえます。

ところが貿易収支の場合、そのような単純な判断は下せません。

国際ビジネスで「黒字になった。大儲けした。お祝いしよう」と喜んだら大変なことになります。

 

なぜ国際ビジネスでは黒字を単純に喜べないかというと、国際ビジネスにはビジネス以外のことが絡んでくるからです。

 

日本とアメリカは、ビジネス以外のことでも密接につながっています。

アメリカの基地が沖縄に集中していることは大きな問題ですが、しかしアメリカの基地が日本から完全に撤退してしまったら、日本のことを好ましく思っていない国が日本を狙うでしょう。

また日本の専門家や技術者や研究者はアメリカに渡って学んでいます。日本人のノーベル賞受賞者で、アメリカやヨーロッパで学んだ経験がない人のほうが珍しいでしょう。

 

国際ビジネスでは、ビジネスの勝者が敗者になることもあるのです。

日米の間ではかつて、日本がビジネスで大勝ちした時期がありました。そのおかげで日本はバブル景気を迎えることができました。

しかし日本の能天気なふるまいはアメリカの怒りを買い、結局日本はバブル崩壊後に「失われた20年」という、悲惨な経済状況を味わわされることになったのです。

 

日米貿易摩擦は、結局は日本人に大きな不利益をもたらします。

これが「国際ビジネスでは勝者が敗者になることがある」の意味です。

 

トランプ語録

アメリカ人はこう思っているのです。

「なあ日本よ、私たちはあなた方によくしてあげているよね。

だったらなぜあなたたちばかりがいい思いをして、私たちは苦しまなければならないのかな。それって許されないよね」

 

トランプ大統領は口が悪いので、もっと露骨に言います。

次の言葉は、トランプ大統領が日本について語ったことです。

 

「アメリカは日本に、何百台もの車の関税をゼロで輸入させている。日本とまともな貿易などできるものか」(2014年4月)

トランプ大統領ツイッター

 

「日本を守る限り、アメリカは大金を失う」(2016年10月)

ニュース記事

 

「友人が日本のコマツのトラクターを買った。彼がアメリカのキャタピラー社のトラクターを買わなかったのは、円安ドル高で日本製が不当に安くなっているからだ。機械の性能差ではない」(2015年9月)

ニュース記事

 

「他国がアメリカを攻撃しても、日本はアメリカを助けなくてもよい。なのに他国が日本を攻撃したら、アメリカは日本を助けなければならない。なぜ、アメリカは日本を守ってやらなければならないのか」(2015年9月)

ニュース記事

 

でもやっぱり日本人はもう少しアメリカ製品を買わなきゃ

トランプ大統領には誤解もありますが、それでもやはり、日米間の貿易不均衡は解消しなければならないでしょう。

再び日米貿易摩擦を起こすわけにはいきません。

 

日米の貿易不均衡を解消する方法は2つしかありません。

 

・日本の輸出額を減らす

または

・アメリカからたくさん買う

 

日本の輸出額を減らすという方法は採るべきではないでしょう。

それは日本経済の縮小を意味し、ひいては日本の弱体化に結びつきます。

日本はこれからも良いものをたくさんつくって、海外でたくさん売っていくべきです。

 

そうなると、日米貿易摩擦を回避するには、アメリカからたくさんモノを買うしかありません。

 

なぜアメリカ製品は日本では売れないのか

 

ここである疑問が生まれると思います。

・なぜアメリカ人は日本のモノをたくさん買ってくれるのだろうか?

・なぜ日本人はアメリカのモノをあまり買わないのだろうか?

 

答えは簡単です。

 

日本製のモノは品質が良いうえに安く、アメリカ製のものは品質がそれほど高くないのに価格が高いからです。

 

アメ車は、正直要らない

アメリカ製のモノの中で、品質が高くないモノの代表といえば、アメリカの自動車でしょう。

一部の趣味性の高いアメ車はとても魅力的ですが、いわゆる普通の車であれば、日本車を手軽に買える日本人がわざわざアメ車を買う必要はないでしょう。

 

また、アメ車はブランド力が弱いため、高級アメ車も日本では成功していません。

日本で成功している外国車はメルセデスベンツ、BMW、アウディ、ポルシェと、いずれもドイツ車です。

 

農産物も、あまり要らない

アメリカ産の農産物も、正直言って、日本人はあまり好みません。

もちろん、残留農薬物が問題になることがある中国産の農産物に比べると、アメリカ産を信頼する日本人はいますが、それでも本音は「国産がほしい」ところでしょう。

 

ただ、例えば国産和牛は値段がとても高いので、信頼性があって価格も安い米国産牛は人気があります。

ところがその牛肉ですら、オーストラリア産が出回れば、日本の消費者は「米国産でもオーストラリア産でもどちらでもいい」と感じるのではないでしょうか。

 

それは、農産物は新鮮なほうがいいからです。

船や飛行機で何日も何十時間もかかって運ばれてきた農産物より、隣の町で採れた農産物のほうが嬉しいからです。

 

農産物については、アメリカ製の品質が低いとは思えませんが、しかし地理的に不利な要素は消しようがないのです。

 

本当は日本人はアメリカ製品が好き

 

日本人はアメリカ製品を好きではない。

これはどうも事実のようです。

この状態では、トランプ大統領がいくら大声で売り込んだところで、日本人はアメリカ製品を買うことはできません。

 

しかし「日本人はアメリカ製品を好きではない」という現象は、誤解によって生じている可能性が否定できません。

 

どれくらいの日本人が、本当のアメリカ製品を知っているでしょうか。

 

アップル製品は好き

iPhoneやiPadなど、アップル製品はとても良い製品です。だから日本でも大量に売れています。

しかし、アップル製のパソコンの使い勝手の良さを知っている人は、一部のビジネスパーソンに限られています。

 

もちろんアップルの製品はアメリカで製造されているわけではありません。しかしアップルはアメリカのメーカーなので、日本人がもっとアップルのパソコンを買えばアメリカ人は喜びます。

 

アップルに限りません。

アメリカ人の製品企画力は、実はとても優秀なのです。

その証拠に、格好いいアメリカ人は、いまだに世界中で格好いいと思われています。

日本人が知らない魅力的なアメリカ製品は、アメリカ全土にたくさん眠っています。

 

アメリカ製のコンテンツは大好き

日本人はアメリカが生んだコンテンツをたくさん消費しています。

スパイダーマン、アナと雪の女王、ミッキーマウス、スヌーピー、ジャズ、ロックなどなど。

日本では赤ちゃんから子供、若者、中年、高齢者まで、アメリカのコンテンツが日常生活を豊かにしてくれています。

 

キャンプやバーベキュー、英会話、セレブな生活なども、広い意味ではアメリカ製のコンテンツといえます。

多くの日本人は、アメリカ人の生き方を憧れの対象として見ているのです。

 

アメリカ人は消費活動によって人生を謳歌することが上手な人たちなので、彼らの周りには魅力的なアメリカ製品があふれているのです。

繰り返しになりますが、「日本人はそれを知らないだけ」です。

 

あなたがアメリカを買おう、個人輸入を始めよう

 

さて、これまで次の2点を見てきました。

 

  • 日米貿易摩擦を繰り返さないために、日本人はアメリカ製品をたくさん買わなければならない
  • アメリカには日本人が知らない製品がたくさん眠っている

 

この2つを合わせるとこうなります。

 

『アメリカに眠っている魅力的なメードインアメリカの製品を輸入しよう』

 

あなたも個人輸入を始めませんか。

それが、日本経済を救い、アメリカを喜ばせる道なのです。

 

個人輸入は難しくありません。おそらく1回経験すれば、国内での買い物と変わらないくらい簡単に調達できます。

 

また、これだけインターネットが発達しているので、アメリカ人しか知らない魅力的な製品も簡単に見つけることができます。

 

あなたの1品の輸入が、日本で大流行を巻き起こすかもしれませんよ。

 

 

《参考資料》

「[FT]貿易論争で試されるグローバルシステム」(日本経済新聞、2017/12/19)

「10月の貿易収支、5カ月連続黒字 2854億円、円安で黒字幅縮小」(日本経済新聞、2017/11/20)

「日米貿易不均衡、強まる是正圧力」(nikkei4946.com)

「トヨタ「トランプ対策」奏功するか 米で1.1兆円投資」(日本経済新聞、2017/1/10)

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP