良い税理士はあなたの会社を成長させる

税理士を雇っている社長は、その税理士に満足しているでしょうか。税理士に対し「なんか言い方がきついんだよな」と感じたことはないでしょうか。

もしくは「税理士事務所に支払っている顧問料を下げたい」と思っていないでしょうか。

 

会社を立ち上げたばかりでまだ税理士を雇っていない社長は、「そろそろ税理士を頼もうかな」と考えていませんか。

もしくは「まだそれほど利益が出ていないから税理士を雇うのはもったいない。もう少し経理担当に頑張ってもらう」と思っているところでしょうか。

 

税理士を雇っていても雇っていなくても、「良い税理士」と「良くない税理士」について知っておいてください。

 

良くない税理士を雇っている社長は、良い税理士に替えると、業績がアップしたり税金を低く抑えることができるようになるかもしれません。

税理士を雇っていない社長は、良い税理士を雇うと、本業に専念でき利益を増やせるようになるかもしれません。

 

税務調査で味方になってくれない税理士がいる

創業間もない企業で、まだ一度も税務調査を受けていない社長は「どれだけ厳しい内容なんだろうか」と戦々恐々としているのではないでしょうか。

その危機意識はとても重要です。税務調査はとても恐い存在ですので、新米社長は経理部門の強化を急いでください。

 

経理部門の強化に取り組む中で、税理士を雇うことを検討すると思いますが、その際、税務調査で社長の味方になってくれる税理士を選んでください。

 

「税務調査で企業の味方にならない税理士なんているのか」と感じると思いますが、います。

厳しく追及する税務署職員と一緒に社長や経理部長を責め立てる税理士は、存在するのです。

 

勝手に決算書をつくる税理士がいる

もうひとつ、信じられない事象を紹介します。

税理士の中には、社長や経理担当者の了解を得ずに、勝手に決算書をつくってしまう人もいるのです。

経理業務や税務が苦手な社長は「勝手に決算書をつくってくれるなんて、むしろありがたい」と思うかもしれませんが、その考え方は早急に捨ててください。

 

質が低い税理士が勝手に決算書をつくるのは、親切心からではありません。「絶対に税務署から文句を言われない決算書」をつくっているのです。

「税務署が絶対に文句を言わない決算書」とは、税金を多めに払う内容の決算書です。すなわち、節税対策を取らず、会社の支出が多くなる決算書といえます。

 

顧問料を見直そう

すでに税理士を雇っている社長は、ぜひこの機会に顧問料を見直してください。

知り合いの社長に尋ねたり、インターネットで調べたりして、顧問料の相場を把握してください。その相場より高い顧問料を支払っていたら、税理士に顧問料の値下げを打診してみてください。

 

業務のIT化を進めている税理士事務所では、質の高い税務サービスを提供しながら、顧問料を下げています。仕事が効率化されているので、その金額でも十分儲けが出るのです。

 

一方、古いタイプの税理士事務所は、仕事が遅いうえに高い料金を要求しています。

親から家業を継いだ若社長は、親の代からお世話になっている税理士に頼んでいるかもしれませんが、ビジネスはビジネスです。顧問料について検証してみてください。

 

初めて税理士を雇うときの注意

「会社の事業が軌道に乗ってきたし、顧客や取引先も増えて経理業務が煩雑化してきた。そろそろ税理士を雇おうかな」と考えている社長は、「×(バツ)税理士」に注意してください。

 

税務調査で頼りにならない税理士は、日ごろの業務でも次のような「×の兆し」を見せています。

  • 職員が毎月1回来てくれることになっているのに来ない
  • 担当してくれる職員の変更が多い
  • 月次試算表の完成が遅い。2カ月以上かかったら×
  • 決算が近づいているのに納税額の予測をしてくれない
  • 質問の回答が遅い。10日以上かかったら×
  • 自社の経理担当の事務処理に対する改善提案がない

 

これだけでも相当質が低いのですが、これよりまだタチが悪い「×の兆し」があるのです。

 

資金調達力がない税理士は×

優秀な税理士は資金調達の際にとても頼りになります。優秀な税理士は銀行が融資しやすい条件を知っていて、社長にアドバイスしてくれるのです。

 

一方の×税理士は、そもそも顧問先の企業の資金調達に関心を示しません。資金調達に関心がないのは、企業の経営に興味がないからです。

そのような×税理士は、単なる「事務屋」にすぎません。

 

居丈高な税理士は×

中小企業の社長にとって、外部の人たちの「説教」は、ときに重要な経営アドバイスになります。しかしそのことを勘違いして、顧問先企業の社長に、居丈高(いたけだか)に振る舞う税理士がいます。

 

例えば、経費の使い方や投資タイミングについて注意してくれる税理士は◎ですが、本業にまで口を出す税理士は×です。

 

また、「社長のところはマーケティングがなっていない」と講釈する税理士も警戒してください。最近読んだマーケティングの本について誰かに語りたいだけかもしれません。

 

細かい料金表がない税理士は×

顧問料の内訳を提示できない税理士は×です。

税理士が提供するサービスは、

  • 会計事務
  • 税務相談
  • 決算対策
  • 税務調査の同席
  • 自社の経理担当への指導
  • 決算書分析
  • 毎月の訪問

など多岐に及びます。

優秀な税理士事務所は、これらのサービスにすべて値段をつけています。

 

例えば社内の経理担当者がスキルをつけてくれば、税理士に頼む仕事も減ってきます。そうなったとき、顧問料を下げてもらわなければなりません。

ところが料金表がない状態ですと、顧問料の交渉もできないわけです。

 

社長としては、経理担当者が育って税理士に頼む仕事が減ったら、税理士への顧問料を下げて、その分をその経理担当者の給料に上乗せしたほうがいいでしょう。

 

若い税理士はNGなのか

若い税理士は経験が少ないため、税務調査や資金対策などの面で心配です。しかし必ずしもNGとはいえないでしょう。

 

まず独立したばかりの若い税理士は、顧問料を安く設定していることがあります。社内に優秀な経理担当者がいるのであれば、スキルはそれほど高くなくても顧問料が安い若い税理士を雇うことは「あり」です。

 

また、若い税理士は若い社長と気が合います。切磋琢磨しながら、一緒に成長する楽しさもあります。

若いからというだけで、税理士を選考するときに除外してしまうのはもったいないかもしれません。

 

ベテラン税理士はOKなのか

ベテラン税理士は、多くの企業を見てきた経験があるので、社長の良きアドバイザーになるでしょう。

ただ注意しなければならないのは、ベテラン税理士の中には、通常の税務はほかのスタッフに任せ、自分はコンサルタント業など副業にいそしんでいることがあります。講演会で稼いでいるベテラン税理士もいます。

 

つまり現役ではないベテラン税理士や、第一線にはいないベテラン税理士もいる、ということです。そのような税理士事務所に頼んでしまったら、自社に来てくれるのはスキルが低い一般職員です。

いくらベテランでも税務に詳しくても、手の届かない雲の上の存在の税理士では、緊急事態に役に立ちません。

 

まとめ~成長を見守ってくれる税理士を選ぼう

社長にとって「良い」税理士とは、節税をしっかり指導してくれる税理士です。そして社長にとって「最良」の税理士とは、社長と企業の成長を見守ってくれる税理士です。

 

優秀な税理士は、顧問先の企業を成長させて、その企業に儲けてもらって、業務を拡大してもらおうとします。顧問先の企業の発展が、自分の税理士事務所の発展に貢献することを知っているからです。

単に手間賃を取ろうとしか考えていない税理士と付き合っていても、自社の成長につながらないでしょう。

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP