本当に必要なもの

西原です。

何か分からない事がある時に、
特に調べもせずに
答えを求めてくる人がいますが、

答えだけを求めると、
損をすると思います。

それはなぜか?という話を
これからしようと思います。

「これ、どうして良いか分からない〜」

と、思った時、
本当に必要なのは

「答えの周りに付随した情報」

だったりします。

端的に答えを知るのは
非常に効率が良いですが、

色々飛ばして答えを聞いてしまうと、
いつまでも他人に依存しないと
ビジネスが出来ない人になってしまいます。

それは、あまりよろしくないですよね。

答えだけ暗記して、
数学のテストで100点取って
喜んでいるのと同じです。

本当にビジネスを志すのであれば、
答えを導き出す力こそ、
必要だと僕は思います。

そして、その力は、
答えを知るだけでは
絶対に身につかないと思います。

当然僕は、
何かわからない事があると、
すぐに調べる様にしています。

本や、記事を読んでいる時に、
分からない単語が出てきたら
すぐにGoogleで検索します。

ですが、調べ尽くしても
答えが分からない時もあります。

さすがにその時は
他人に答えを求めるのですが、

答えだけ手に入れて
「ヨシ!」とせずに、

なぜその答えになるのかまで、
必ず調べるようにしています。

分からない問題が出た時は
自分の稼ぎを上げる知恵を獲得する
「チャンス!」だと思っています。

それを、答えだけで止めるなんて
こんなに勿体のない事はないと思います。
ですから、必ず調べます。

その理由を調べても分からなければ、
また、聞けば良いのです。

初めは大変かもしれませんが、
ぜひ、習慣化する事をおすすめします。

僕も初めは大変苦労しました。

でも、継続してやれば、
必ずうまくできるようになります。

例えば、
読書などでインプットすれば、
沢山の知識が集まると思います。

ただし、

知識だけでは答えは
導き出せないと思います。

インプットして、
バラバラにある知識が、

いつの日かキチッと
1つのフレームにまとまる日がきます。

パズルが完成するイメージです。

そうすると
1つの「知恵」が生まれます。

知恵が生まれると
「あ、なるほどそういうことか〜!」
と、なります。

この「なるほど!」が
体験できないうちは、
単純に知識不足なのだと思います。

とまあ、

偉そうに言っておりますが、
僕がビジネスを始めたのは、
ほんの2年前です。

今では、何百人も生徒さんがいて、
彼らに教えてあげられる事も沢山あります。

ここまで来るのに、
すごくすごく長く、
濃い時間を過ごしてきた気がします。

でも、まだたったの2年。

「あー、このままあっという間に
 年取って死ぬのか〜」

なんて事を考えていた頃は
あっという間に5年、10年と
過ぎ去っていった気がします。

不思議な話ですよね。

どうやら、

毎日同じことを繰り返していると
時間というのは早く過ぎたように
感じられる、らしいです。

旅行で言うと、

行きは
「新しいものばかり目に入る」
から、長く感じ、

帰りは
「一度見た風景だから」
早く感じるのだそうです。

確かに、

「まだつかないの〜?」

なんて言ってるのは、
行きだけですね。

物理的な時間は同じですが、
時間の感じ方は全く違います。

知識や、知恵を得るという事は
新しい事に触れるという事ですから、

ビジネスを開始してから
時間の流れが遅く感じるのも
頷ける話です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP