サラリーマンの副業で居酒屋のバイトが必ず会社にバレる理由

会社の給料だけでは心もとないという理由で、副業として居酒屋でバイトしているサラリーマンが増えています。

居酒屋なら常に求人が出ていますし、社会常識があればまず不採用にならないということから、実は意外と人気の副業だったりします。

ですが正直な話、居酒屋でのバイトはサラリーマンの副業としてはあまりオススメできません。その理由について詳しく解説していきます。

サラリーマンが居酒屋でバイトをするとなぜバレるのか?

居酒屋でのバイトがオススメできない理由としては、何といっても「バレやすい」という点です。

気を付けているつもりでも、いつの間にかバレてしまって会社からお叱りを受ける・・・というのはよくある話です。なぜこうも会社にバレてしまうのでしょうか。

1、会社の人や取引先の人に遭遇する

会社の人がお客として来てしまった!」というのは、副業がバレてしまった失敗談としてよく聞く話ですよね。

自分がいくら気を付けていたとしても、相手の行動まではどうしようもありませんよね。会社の人だけでなく、取引先の人が来てしまうということも考えられます。

会社終わりに行きやすいからという理由で会社近くの居酒屋を選ぶと、十中八九見つかるでしょうし、かといって家の近くにしても、実は近所に会社の人が住んでいるかもしれません。

とにかく人前に出る以上、「知り合いに会ってしまう」というリスクは絶対に無くせないのです。出会った人がよほど信頼できる同僚ならまだしも、たいていの人は悪気なくあなたが副業をしていることを他の誰かに話します。

2、住民税通知のタイミングで会社にバレる

運よく誰にも見つからずにバイトを続けられたとしても、今度は「住民税」で会社に副業がバレます。誰かに会うか住民税でバレるか、遅かれ早かれバレる理由のほとんどはこの2つのどちらかでしょう。

副業での稼ぎが1年で20万円を超えたら確定申告が必須となりますが、この確定申告をすることで所得税が再計算され、ほとんどの場合は増額されます。

そして、所得税の増額通知が会社に届くことで会社の給与担当者に不審がられ、副業していることを調べられてしまうという訳なのです。

確定申告を自分でやれば、所得税を会社に知られることなく手続きすることもできますが、今まで会社に任せきりにしていた人が突然やり方を変えると、それはそれで怪しまれます。

上手な言い訳が立つ人なら良いですが、会社の担当者の方が一枚も二枚も上手でしょうから、怪しまれたらバレると思ってください。

3、疲労で本業に支障が出てバレる

上の2つをクリアできたとしても、副業による「疲労」で本業に支障が出てしまい、バレてしまったという話もよくある話です。

居酒屋は深夜までの時間帯が多く、家での睡眠時間も必然的に減ってしまうでしょう。

十分な睡眠が取れないと疲労が蓄積し、集中力が切れやすくなったり、思考能力が低下してしまいます。

「大事な会議で居眠りしてしまった」「絶対に失敗できない資料作成をミスってしまった」という経験はありませんか?

少しでも覚えがある人は、副業が本業に支障を出してしまっていますから、バレるのは時間の問題でしょう。

副業禁止じゃなければ居酒屋でのバイトにはメリットもある

ここまで居酒屋のバイトがオススメできない理由を解説してきましたが、これは会社で副業を禁止している場合です。

もし副業を禁止していない会社であれば、居酒屋でのバイトには働くメリットもあります。

居酒屋のバイトはコンビニなどと比べて時給が高めで、深夜帯になれば1,000円を超えるところも多いので、短い時間帯でも割と稼ぐことができます。

また営業時間が長いので、本業との融通を効かせやすいところもメリットでしょう。特に土日の日中は、普段出ている主婦が出られないことが多く人手が少ないので、重宝されるようです。

普段と全く違う仕事をすることで、気分転換になって良いという人もいるようです。本業に影響が出ない範囲でシフトを入れ、居酒屋でのバイトを楽しめたらいいですね。

副業で居酒屋経営をする方法もあるが・・・

自分が居酒屋でバイトするのではなく、「居酒屋を経営する」という副業が存在します。

なんとこの居酒屋経営の副業で、年収2億円以上稼いだサラリーマンもいるのだとか。

しかし「脱サラして立ち上げた飲食店が1年も経たずに閉店する」という話なんてそこら中に溢れかえっている昨今ですから、なかなか一筋縄では行かない副業です。

成功した人の例を見ると、フランチャイズの契約をしたり、経営コンサルタントなどの専門家に経営方法を相談するなどして、自分が考えたり行ったりすることを必要最低限まで削っていました。

確かに副業なんですから、自分が何かをする時間はなかなか取れないですよね。でもそれが、結果として良い方向に進んだのでしょう。

最近はこの成功例をもとに、居酒屋経営に手を出すサラリーマンが増えてきているようですが…はっきり言って博打もいいところですから、覚悟が無い人は手を出さないのが無難です。

サラリーマンの副業でおすすめはどんな仕事?

サラリーマンが副業をやるなら、バイトではなく個人で行うビジネスがオススメです。

手始めに、簡単にできて利益率の良い、無在庫の輸入ビジネスからやってみましょう。在庫を持つ必要が無いので、元手0で始めることができます。

また、注文を受けてから商品を仕入れるので「売れない」という心配もありません。確実に売れる人気商品をいくつか見繕っておくだけで始められるので、初心者にオススメの副業です。

まとめ

副業として居酒屋でバイトするサラリーマンが増えていますが、あまりオススメできません。いつ会社にバレるかわからない上、本業に支障が出てしまうリスクが高いからです。

副業OKの会社であれば、本業に無理のない程度に働くと気分転換にもなって良いかもしれませんね。

居酒屋経営を副業にするという方法もありますが、これはよほどの覚悟が無いと確実に失敗してしまうでしょうから、手を出さないのが無難です。

会社にバレることなく副業でしっかり稼ぎたいなら、無在庫の輸入ビジネスがオススメです。空き時間に作業するだけで利益を上げることができる、副業初心者にピッタリなビジネスです。

輸入やビジネスの情報をお伝えするメルマガを発行しています

僕のメルマガでは輸入ビジネスの最新情報やビジネス全般におけるマインドなどを配信しています。

  • 転売ビジネスに興味がある
  • いま転売をやっているけど更なる結果が欲しい
  • 個人で出来る副業を探しているけど何がいいのかわからない

というあなたならきっと価値を感じてもらえるであろう情報が満載です。

今なら最速で結果を出すための「10の方程式」についてセミナー動画、音声ファイルを無料でプレゼントしていますので、忘れずに受け取ってくださいね。

>>西原豊明公式メールマガジン(無料)で「10の方程式」についてチェックしてみる

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP