なにも、死なんでもいいやん・・・

西原です。

今日もすこぶる暑くなりそうですが、
昨日もあつかったですね〜!

昼間は走って、逆に自分を
アツさで追い込んでいるので良いですが、

夜までモワッとして、
ベタベタして寝ぐるしいのが、
すごく嫌な感じです。

しょうがないからクーラー付けて、
途中で寒すぎて起きるし、
消したら消したでアツくてまた起きるし・・・

もうウンザリです。

超高性能なエアコンなら、
そんな事ないんでしょうか?

暑がり、寒がり間での、
小競り合いもいちいちしたくないので、
誰か、みんなが幸せに眠れるエアコンを、
開発して欲しいです。

10年くらい前は、
せんぷうきだけで十分
涼しかったんだけどな〜。

もう無理ですねきっと。

ここ2日間は、真っ昼間に走って、
心身ともにグッタリして、
1時間くらい座り込んでしまっているのですが、

その間何もしないのも退屈なので、
普段あまり見ないテレビをぼーっと眺めています。

今日は、カジノ法案について、
ワーワー揉めてるのを
じーっと見てました。

このまま押し通されちゃうんですかね。
野党の人めっちゃキレてましたけど。。。

僕も賭博は好きでやっていた事があります。
パチンコ程度ですけれども。

しかし、パチンコでも、
キチがって台を叩きまくる
おばあちゃんとか、

負けが込んで、
しまいには台を叩きわる
おじさんとか、

店のど真ん中でブレイクダンスみたいな動き
(床がツルツルなので)をしながら
大声で泣きまくるお兄さんとか、
しょっちゅう見てました。

「ムシャクシャしてたからやった」
「誰でもよかった」

なんて、

ムチャクチャな理由で
人様を殺める事件も多い昨今ですから、
これ、見てて、結構怖かったです。。。

1番怖かったのは、

いつも行っていたお店が
急に予告もなくしばらくお休みになっていて、

「何でだろう?」

と思ってたら、
店のトイレで自殺があった時です。

何か、のっぴきならぬ事情が
あったのでしょうが、

「なにも、死なんでもいいやん・・・」

と思いつつ、2度とその店に
行く事はありませんでした。

お金は人の心を奪いすぎるなと思います。

お金がかかると、
クソつまらない事でも、
手に汗にぎりますからね。

ただのじゃんけんでも、
1万円かけるだけで、
ただ事では無くなってしまいます。

金額の大小に関わらず、
自分の判断ひとつで、一瞬で
「自分のサイフの中のお金」
が動くから、興奮するのだと思います。

会社員では味わえない感覚です。

パチンコは、数時間でせいぜい
10〜20万円くらいしか
動きがないのでまだいいですが、

カジノになったらそれなりに
デカイ金額が動きそうなので、
これまた、色々怖いな、と思います。

そんな危ない橋を渡ってまで
投機的に儲けようとしなくても、

誰でもパソコンとネットがあれば
1日5分で100万円稼げるような時代です。

知ってればパチンコで負けたくらいで
死ななかったと思うんだけどな〜・・・

確かに、

カジノは大きな経済効果を
産むのかもしれませんが、

自分の家の近くに出来るとしたら、
それはもう、大反対ですね。

あなたは、どう思いますか?

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP