ヤフオクで商品が売れない時にチェックするべき5つのポイントを解説

「これは売れる!」と踏んでヤフオクに出品しても、全く売れないという経験がある人も多いでしょう。そんなとき、「売れなかったからこの商品はダメだった」と切り捨ててしまうのは、非常にもったいないです。本当にその商品は売れない商品なのでしょうか?

ヤフオクで、同じ商品カテゴリを見てみましょう。本当に売れない商品はそこに出品されてすらいませんが、売れる商品なら誰かが出品しています。ということは、実は売り方が悪かっただけで、ちょっとやり方を変えれば売れるようになるかもしれません!

ヤフオクで商品が売れないときに見直したいポイントについて、詳しく解説していきます。

ヤフオクで商品が売れない時に見直す5つのポイントとは?

売れるはずの商品なのにさっぱり売れない・・・」という人は、下の5つのポイントを見直してみましょう。

この5つのうちのどれかが、商品が売れない原因になっているはずです。

1、商品画像を撮り直してみる

まずは、商品画像を撮り直してみましょう。

商品画像は、商品を売るために最も重要になるポイントです。物が売れるか売れないかは、この商品画像が決めると言っても過言ではありません。

実際の店舗と異なり、ネットでは商品を手に取って確認することができません。そのため、写真だけでどんな商品であるかをしっかりと伝える必要があります。商品が売れない人は、商品写真がうまく撮れておらず、お客さんの目に留まっていないからなのです。

お客さんの目に留まりやすい写真を撮るコツは、以下の5つです。

  1. パッと見ただけでその商品が何なのかが一目でわかるようにする
  2. 商品全体が入る程度にアップにする
  3. 背景はなるべくシンプルなところで撮る
  4. 商品以外が写らないようにする
  5. なるべくいろんな方向から複数枚撮影し、中身も撮る

なお、商品をきれいに見せようとして画像を加工したり、スタンプなどでデコレーションする人がいますが、商品が見辛くなるだけなので止めましょう。

今はスマホでショッピングをする人が増えてきているので、最初に表示される商品画像が最も重要になっています。

このトップ画像でどんな商品なのかが一目でわからないと、お客さんは商品を見てくれすらしないのです。上であげた5つのポイントをしっかり意識し、わかりやすさを重視した商品画像を撮りましょう。

2、商品名と商品説明を見直す

商品画像を撮り直したら、次は商品名とその説明を見直してみましょう。特に見直してほしいのは、「商品のキーワード(情報)」です。

商品名や商品説明が不十分だと、検索に引っかかりにくくなってしまいます。商品がお客さんの目に入ることすら無くなるので、これでは売れるものも売れません。

特に、ヤフオクやメルカリなどの販売サイトでは、「キーワード検索」という検索方法で商品を探すのが一般的ですから、しっかりとその商品についてのキーワード(情報)を盛り込み、検索でヒットさせやすくすることが大切です。

併せて商品説明には、「その商品がどういったものなのか」を過不足なく書き込みましょう。商品に対する質問が来なくなるほどの書き込みが理想です。

わかりにくい説明文では、それだけでお客さんが避けるようになってしまいます。なるべく端的な言葉を使い、キーワードを盛り込みながら、客観的に商品を説明するように心がけましょう。

ここでのポイントは、「お客さんがどういうキーワードで検索してくるか?」ということを想像しながら文章を考えることです。

いくらたくさん書き込んでも、お客さんがその言葉で検索しなければ意味が無いのです。最初のうちは「思いついたキーワードで実際に検索して結果を見る」というのを繰り返して、検索でヒットしやすいキーワードを探っていきましょう。

3、送料や配送関連を見直す

アクセスもそれなりにあるのに商品が売れない場合は、送料や配送関連を見直してみましょう。

特に送料の見直しは大切です。フリマアプリやオークションサイトでは、送料が購入者負担になっている商品は基本的に売れません。

商品を検索する際、わざわざ「送料なし」と絞り込んで検索するユーザーが増えているほど、「送料を負担するかしないか」は購買意欲に直結してきているのです。

いくら商品だけの金額で「欲しい!」と思わせても、送料が購入者負担だとわかった途端、がっかりされてしまい、結果商品が売れなくなってしまうのです。

どうしても送料を負担してもらわないと利益が厳しいという場合は、送料込みの金額で出品するようにしましょう。

こうすれば値段はちょっと高くても、「送料がかからないなら良いかな」と思ってくれるようになり、そのまま購入してくれる可能性が高まります。

配送の仕方も商品が売れない原因の一つです。最近の風潮として、個人間でのやり取りに住所や電話番号、本名といった個人情報を教えることを嫌がる人が多いです。

そのため可能であれば、配送方法を「匿名配送」にしておくことをオススメします。

また、配送までの日数もできるだけ早く設定しましょう。Amazonの影響で、今やネットショッピングは購入日の翌日、遅くても翌々日に届くことが当たり前となっています。

よほどの事情がない限りは、配送目安は1~2日後に設定しておきましょう。

4、出品する時間・入札期限を見直す

出品する時間や入札期限を見直すことも、商品を売る大事なポイントの一つです。

ヤフオクは、就寝前にスマホでチェックする人が多いです。ついつい衝動買いをしてしまうのも、夜中の時間帯に集中しています。食事やお風呂などを終えた人が、くつろぎながら、ゆっくりスマホを触ることができるためです。

そのため、22~深夜1時くらいに出品するのがベストです。人が多く見る時間帯に出品することで新着アイテムに表示させることができ、購入される確立がグッと高まります。同様に入札の期限も、同じような時間帯にしておくのが良いでしょう。

5、価格を見直す

上の4点を見直しても商品が売れない場合は、最後に価格を見直してみます。

利益を重視するあまり、相場とかけ離れた価格で出品していませんか? ヤフオクに限らず、相場と比べてあまりに高すぎる金額では、売れるはずもありません。

100円ショップで売られている商品を、千円で買いたがる人がいるでしょうか? 「売れる商品だからこの金額で良いんだ!」と思わず、必ずヤフオク内の相場と、現在の出品価格を確認するようにしましょう。

価格が問題なさそうなら、あとは徐々に金額を下げていくしかありません。いきなり下げるのではなく、最初は5%、その次は10%というように、いいね!やウォッチリスト、コメントを確認しながら、段階を踏んで少しずつ下げていきましょう。

いままでヤフオクで売れていたのに急に売れなくなった理由

上の5つのポイントをしっかり守り、現にそれでちゃんと売れていたのに、いつしか急に売れなくなることがあります。原因は何なのでしょうか。

1、季節的要因

ヤフオクに限ったことではないですが、物には「よく売れる時期」と「あまり売れない時期」という時期が存在します。

季節的な原因が主であり、例えば「水着を冬に買おうとする人はいない」ということです。そういう季節に左右されそうな商品は、季節ごとに商品ジャンルを変えて出品すると良いでしょう。

要するに夏物は夏に、冬物は冬に、という季節を意識すれば良い訳です。

家電など、一見季節に関係なさそうな商品でも、実は影響することもあります。ボーナスや年末年始など、物販全体が大きく動く時期かどうかも、市場を見極める大事なポイントです。

ボーナスや年末年始の前後は大きな買い物を控える人の方が多いので、そういう時期に家電や嗜好品を出しても物が売れないのです。

「いつもは売れていたのに・・・」という人は、商品を売るための5つのポイントについてはしっかり理解できているので、次のステップとして「商品のジャンル」にも注意してみましょう。

2、出品した商品が市場に合っていない

出品した商品が市場に合っていないというのも原因の一つです。

ヤフオクは、どちらかというと30~60代の人がメインの客層です。スマホよりもパソコンで商品を探し、趣味のものを購入する人が多いのが特徴です。

反面メルカリやラクマなどのスマホアプリは、10~20代のスマホ世代の女性が中心です。このように、サイトごとに客層の違いがありますので、その客層にあった商品を選択するのも大切です。

まとめ

「売れない商品」は、出品のやり方次第では売れる商品になります。売れないからといってすぐ諦めるのではなく、まずはやり方を見直してみましょう。

セールス的なコメントがかけなくても、見直すべきポイントをしっかり理解すれば、今までよりも確実に売れるようになるはずです。

また、出品する商品は「季節感」を意識しましょう。夏物は夏に、冬物は冬に。さらに、物販全体が大きく動く時期もポイントとして抑えておけば完璧です。

関連記事:

輸入やビジネスの情報をお伝えするメルマガを発行しています

僕のメルマガでは輸入ビジネスの最新情報やビジネス全般におけるマインドなどを配信しています。

  • 転売ビジネスに興味がある
  • いま転売をやっているけど更なる結果が欲しい
  • 個人で出来る副業を探しているけど何がいいのかわからない

というあなたならきっと価値を感じてもらえるであろう情報が満載です。

今なら最速で結果を出すための「10の方程式」についてセミナー動画、音声ファイルを無料でプレゼントしていますので、忘れずに受け取ってくださいね。

>>西原豊明公式メールマガジン(無料)で「10の方程式」についてチェックしてみる

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP