どう思いますか?

こんにちは、西原です。

実は、先週の日曜日から
中国→台湾と渡り歩き、
おととい帰って来たところでした。

向こうへ行っている間に
日本では40度を超える猛暑だったそうで。

この殺人的な暑さも
もう少しで収束して行くのだろうか・・・

頑張って乗り切りましょう。

さて、

今回僕が中国に行ったのは、
小玉さんの、天然石事業の仕入れに
同行して、学びを得るためでした。

一言で「仕入れ」と言っても、
Bookoffとか、家電量販店で
amazon転売用の商品を仕入れるのとは
わけが違います。

天然石のマーケットでは、
数十万、数百万という、
高額な取引が普通に飛び交っていますから、
相当、ハイクオリティーな選別が必要です。

例えば、

直径12mm〜15mmほどの天然石の球を、
十数個ドーナツ状につないだブレスレットがあって、

それを、1つずつ手のひらに乗せて、
良否判定する作業があります。

1つを見る速度は、3秒くらい。

その3秒間の間に、ひとつぶでも、
傷や凹みがあれば見逃さずに弾く、
という作業は、見ていて圧巻でした。

まさに、職人芸。
めちゃくちゃ早いです。

その工程を更に2〜3度繰り返して
チェック漏れを防ぎます。

と、同時に、

水晶の透明度や模様など
デザイン的な部分も
確認していると言うから驚きです。

ちょっと、真似できないですね。。。

傷や凹みのチェックは
素人の僕でも時間さえかければ
真似できる部分かもしれませんが、

デザインは無理だ、と思いました。

アパレルでも天然石事業でも、
それぞれのマーケットでの需要は、
好きな人でないと分からない部分って
あると思います。

その1つが、デザインだと思います。

破れにくく、伸びにくく、
糸のほつれもない高品質なTシャツでも、
デザインがダサければ売れないのと同じで、

傷ひとつない天然石ブレスレットでも
デザインはとても大切なのだと思います。

デザインと言っても「天然」なので
好き勝手に加工して作る事ができませんから
一生懸命に、いい物を探すしかありません。

とすれば、
格好いい物の希少価値は、
相当高いでしょう。

こうやって、妥協なく選び抜かれた
商品だけが、店頭に並ぶ。

小玉さんのお店の名前が
「premiumstonegallery」
である所以だと思いました。

これ、

いくらクオリティーが高くても、
それを伝える力が弱ければ売れないですから、
本当に、むずしい事だと思うんです。

クオリティーの高さを
アピールするサイトや店舗を用意して、
そこにお客さんを集めないといけないのです。

誰にも真似できないビジネス故に、
このように、むずかしいのです。

儲けも「いきなりどかーん!」
とは、いかないでしょう。

しかし、確実に売上は伸びていき、
労力以上の収入が得られるように
なって来るのもまた事実です。

ちゃんとできれば、ですけれども。

それにひきかえ、今の転売業界は、
バーゲンセール状態で、ちょっとキツイです。

上書き、上書きされていく最安値。
その度に減っていく儲け。

段々と、労力の割に
合わないようになってきている気がします。

早く、簡単に稼げるのは大きな利点ですが、
マーケティングを絡めた物販をやらないと
長く、より大きく稼ぎ続けるのは
むずかしい事なのかもしれません。

今回、小玉さんの後ろ姿を見ながら
そんな思いが強くなってきました。

あなたは、どう思いますか?

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP