サラリーマンの副業として社労士をするというのは成立するのか?

サラリーマン副業として、「社労士」をオススメしている副業指南サイトが増えてきています。

「社労士の資格を取れば定年退職後も安泰」「会社を辞めずに難関資格に挑戦」など、様々な理由で社労士がオススメされていますが、本当に社労士はサラリーマンの副業として成り立つのでしょうか。

そもそも社労士は「士業」ですから、転売やウェブライターとは異なりハードルがとても高そうに思えます。

それでもなぜ今、社労士がオススメされるのでしょうか。その理由を解説します。

社労士って何をする仕事?

社労士とは「社会保険労務士」の略で、社会保険や労働法についての問題や相談ごとの解決、必要書類の作成代行などを行う人のことをさします。

特に書類作成や提出の代行は「独占業務」と呼ばれ、社労士のみに許されている業務です。合格率は9%前後と低いですが、士業の中では比較的易しめということもあり、とても人気の高い資格です。

会社でやってきたことを資格に生かせる点も、人気の理由の一つです。サラリーマンとして役に立つ労働基準法や、年金、社会保険の知識が深まるため、資格目的でなくても勉強する人もたくさんいます。

社労士はサラリーマンの副業として成り立つのか?

社労士は、サラリーマンの副業として成立させることは可能です。ただし簡単ではありません。

まず絶対条件として、社労士の資格が必要になります。いくら会社で培った知識が活かせるとはいえ、それだけでは不十分ですから、資格取得のためにはしっかり勉強しなくてはいけません。

合格率も毎年9%と低いため、最悪の場合、資格取得までに何年もかかってしまうこともあり得るのです。

また、社労士として働くためには試験に合格するだけでなく、地域の「社労士会」に登録しなくてはならず、条件として「2年以上の実務経験」か「事務指定講習を受講し修了証書を貰う」のどちらかが必要になります。

資格だけ持っていても、社労士と名乗ることはできず、仕事を始めることができないのです。

会社で人事や総務といった部署で働いていたら、社労士に必要となる実務経験は有ると言うことができますが、全く経験のない人は社労士会が主催する「事務指定講習」を受け、修了しなくてはなりません。講習代は7万円と高額です。

このように、実務デビューまでには乗り越えるべきハードルがいくつか存在します。

とはいえ一生ものの資格ですから、1度取得しておけばいつでも副業を行うことができ、もしものときも安泰です。

副業のアルバイト社労士の報酬

副業で社労士を行うとき、1日の報酬はどれくらいになるのでしょうか。

社労士の仕事は様々ありますが、どの仕事も日当で2万円程度(交通費込み)が相場となっています。

新米でもベテランでも金額が変わることがないため、最初からしっかり稼ぐことができます。積極的に仕事をたくさん請け負えば、それだけ稼ぐことができるのです。

新米の社労士が稼ぎやすいアルバイトとしては、社労士会や行政が主催する無料相談会があります。

これは、一般の人が社会保険や労働法、年金など社労士が解決できる問題について何でも無料で相談できるという会で、頻繁に行われています。

ベテランだけでなく新米社労士にも平等にチャンスが設けられているので、副業にはもちろん、顧客の新規開拓にも役立てることができます。

ちなみに副業で社労士を行う場合は、原則「開業社労士」となり、個人事業主となるため、年収によって確定申告が必要になります。

副業の年収が20万円を超える場合は、副業が会社にバレない確定申告のやり方を確認しておきましょう。

副業として社労士事務所を開業するのは難しい

社労士のアルバイトは副業として「アリ」ですが、社労士事務所を開業してまでとなると、運営していくのはとても難しいです。

社労士としてやっていくためには、自分で顧客を開拓するために「営業」が必要になります。社労士会からあっせんされる顧客やツテを頼りに営業していかなくてはいけないのですが、これが非常に大変です。

一度でも営業経験がある人なら、その難しさが理解できると思います。本業の社労士ですら朝から晩まで試行錯誤し続けているのですから、時間が捻出し辛い副業では、事務所の運営は事実上不可能と言えるでしょう。

副業で社労士をやっていきたいなら、事務所は作らず、社労士会から紹介されるアルバイトをこなしていくのが無難です。

行政の現場にも社労士のアルバイトがある

社労士のアルバイトは一般企業だけでなく、行政の現場にも存在します。

代表的なアルバイトとしては全国のハローワークで行われる就職指導で、履歴書の書き方や面接指導を担当します。

本来はハローワークの職員が行う指導ですが、人手が足りないときなどに、ハローワークが社労士会を通さずに直接募集しています。時給は1,000円前後で、そのときの予算によって変わってくるそうです。

この他にも、労働基準監督署・協会けんぽ・国民保険国民年金課・福祉課や福祉事務所等、様々な行政の現場で社労士は優遇されており、社労士の資格があるだけで嘱託職員として働くこともできます。

まとめ

社労士は、社会保険や労働法、年金のプロフェッショナルであり、これらに関する書類作成や提出の代行が行うことができる唯一の資格です。会社で働く上で必要なことなので、副業にせずとも勉強する人もたくさんいます。

しかしそれだけに、社労士になるにはとても高いハードルがあります。そもそも合格率が9%前後と低く、また資格が取れても実務経験や講習を受けなければ仕事を始めることができません。

しかし一度合格すれば、社労士が必要とされる仕事は多数あるため、副業としてやっていく分には困ることは無いでしょう。

輸入やビジネスの情報をお伝えするメルマガを発行しています

僕のメルマガでは輸入ビジネスの最新情報やビジネス全般におけるマインドなどを配信しています。

  • 転売ビジネスに興味がある
  • いま転売をやっているけど更なる結果が欲しい
  • 個人で出来る副業を探しているけど何がいいのかわからない

というあなたならきっと価値を感じてもらえるであろう情報が満載です。

今なら最速で結果を出すための「10の方程式」についてセミナー動画、音声ファイルを無料でプレゼントしていますので、忘れずに受け取ってくださいね。

>>西原豊明公式メールマガジン(無料)で「10の方程式」についてチェックしてみる

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。
西原 豊明

最新記事 by 西原 豊明 (全て見る)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP