オークション終了時間はいつにする?

オークションでは
入札されればされるほど
商品の価値が上がって行きます。

つまり、
お客様同士で競り合えば競り合うほど
価値は右肩上がりになって行きます。

不用品販売だけれども
どうせなら儲けを沢山増やしたいですよね。

その為には出来るだけ
競り合ってもらえるような工夫をして
商品の価値を底上げする事が重要になってきます。

最も競り合うタイミングとは?

実はオークションには
最も競合うタイミングがあります。

ここを上手くコントロールする事が
稼ぎを増やす大きなポイントです。

そのタイミングというのが
”オークション終了間近”です。

もっと具体的に言うと
オークション終了の「15分前」です。

オークションで購入した経験がない方も
なんとなくで良いので
イメージしていただきたいのですが

欲しい商品をオークションで
出来るだけ安く落札しようとする場合
オークション終了間際を狙いませんか?

その場合まさに終了の15分前くらいから
入札ボタンをいつでも押せる状態にして
自分が落札出来るタイミングを待ち構えますよね。

このタイミング、いわゆる
「オークションのゴールデンタイム」を
お客様に万全の状態で待ち構えていただく事が
とても大事になって来ます。

休日の夜が狙い目!?

例えば日曜日の夜22時に
ゴールデンタイムを持ってくれば
多くのお客様が入札の準備を整えやすいので
競合いする人数が増えて来ますが、

逆に何かと飲みの行事が多くなる
金曜日の夜21時をゴールデンタイムにすると
殆どの方が準備が整え難いと状態に陥り  
競合い人数が減る=利益が減る と言う
残念な結果となってしまいます。

この辺をもう少し詳しく説明した内容を
以下資料にまとめておりますので
どうぞお受け取りください^^

《オークション終了時間について》
http://profitenlargement.com/Yahoo-syuryo.pdf

これを意識して出品するだけで
手に入る利益が本当に大きく変わって来ます。

是非活用されてくださいね^^

The following two tabs change content below.
西原 豊明

西原 豊明

名前:西原豊明(ニシハラトヨアキ)。 事業:転売ビジネス(主に輸入)/転売ビジネススクール運営/コンサルティング 2015年に会社に勤めながら「副業」で転売ビジネスを開始し、月収200万円以上を安定的に稼ぎ続ける事に成功した後「失敗する事のないビジネス」をコンセプトに初心者・上級者を問わずして資産構築とサポートの提供をしている。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



西原 豊明
1985年11月生まれ(33歳)
輸入と副業セミナー開催の「株式会社TORASCO」代表取締役。
副業コンサルタント。
モットーは「働くこと」。工業高校に進学し、3年間で800万円を稼ぐ。1日8時間働き、学校が休みの日は12時間働いたことも。バイトは月2日しか休まなかった。
27歳のときに第一子を授かり、その後念願のマイホームを購入するも、住宅ローンで家計は火の車。
「金を稼ぐため」という理由でパチンコにはまる。当時の給料の手取り月額は15万円にもかかわらず、1日10万円負けたことも。家計はさらに悪化。

状況を打開するために模索を始め、30歳になる直前にネットビジネスに出会う。

当時、パソコンもスマホも持っていなかったが、書店で見つけた1冊の本「クビでも年収1億円」(小玉歩著)を読んだことがきっかけだった。
サラリーマンを続けながら、副業としてネットビジネスを開始するも、最初の半年ほどは月2万円ほどしか稼げず。
ただ時間だけはかかったので、当時の時給は10円ほど。 挫折と失敗を繰り返していた折に、最高のメンター(師)と出会う。

副業開始から9カ月目に、無在庫輸入ビジネスを始め、これを始めてから3カ月で月収100万円、5カ月で月収200万円を達成。
この実績を、世の中のサラリーマンたちに広めたいと考え、無在庫輸入ビジネスをレクチャーするセミナーを開始。
2017年8月、株式会社TORASCO設立。


PAGE TOP